記事の詳細

太陽光などの明るい環境ではどのスマートフォンのカメラ機能でもきれいに撮影できますが、問題は薄暗い状況など撮影環境が厳しい場合。
そういうときにこそカメラ機能の真価が試されることになるため、実力がある程度分かってきます。

というわけで、iPhone 5・Xperia Z・Galaxy S4・HTC One・Lumia 925の5機種でカメラ機能を「オート」「薄暗い状況下」という条件でそろえて撮影するとどうなるのか?という結果が公開されています。

iPhone 5

01_iPhone5sm

 

Xperia Z                         Galaxy S4

02_Sony_Xperia_Zsm   03_Samsung_S4sm

 

そしてLumia 925の場合、なぜか圧倒的。

05_Lumia925_AutoModesm

みなさん、どうでしょうか?一目瞭然ですね!

 

なぜこんなことになっているのかというと、Lumia 925はメインカメラがカールツァイスレンズ6枚構成に加えて、センサーがPureViewテクノロジーに増幅されているためです。
以下のムービー中ではその構造が触れられています。

 

ノキアはカールツァイスレンズの扱いについては定評があり、スマートフォンの分野でもいかんなくその実力を発揮しているわけです。

以下のようにして画素数の低い順に並べると、Lumia 925のPureView技術がかなりのものであることが理解できます。

iPhone 5:800万画素
Lumia 925:870万画素
Xperia Z:1310万画素
Galaxy S4:1320万画素

なお、ノキアのLumia 925はWindows Phone 8を採用しており、なおかつノキアは日本から撤退済み、既に発表されているソフトバンクモバイルとNTTドコモの2013年夏モデルには当然ながら影も形もなく、、、

万が一の可能性をまだ秘めているのは日本で唯一Windows Phone「IS12T」を出してしまったau(KDDI)のみで、5月20日(月)11時から2013年夏モデルの新商品発表会が予定されているため、そこしかもはや奇跡が起きる可能性は残されていません。

いつもご覧いただきありがとうございます。


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る