記事の詳細

スマートフォンの時代になり、コンデジの売上が「右肩下がり」の昨今、 メーカーだって指をくわえているわけにはいかないので、 かなり本気になって製品作りをしているようです。
それによって、「進化」「深化」が一掃進んでくるので、 末端のユーザとしては嬉しい限りですが、、、

先日、ソニーが発表した新Cyber-shotも、 よくよく見ると、「おぉ、これはなかなか!」と思う商品がありました。
そのなかで一番おすすめなのがDSC-HX50Vです!詳しく説明していきます。

DSC-HX50Vの特長① 世界最小・最軽量なのに光学30倍ズーム搭載

コンパクトなボディに、光学30倍ズームのソニー「Gレンズ」を搭載。従来の光学30倍ズームモデルに比べて約60%の小型になりました。
広角24mmから望遠720mmまで、一台で幅広い撮影ができるようになりました。

DSC-HX50Vの特長② 高速オートフォーカスと光学式手ぶれ補正

最速約0.17秒、30倍ズーム時でも0.19秒の高速オートフォーカスと、高精度の光学式手ぶれ補正を搭載。
ズーム時でも、ブレが少なく綺麗な写真を撮影することができます。

DSC-HX50Vの特長③ こだわりの撮影にも応える操作性

撮影時の使用頻度が高い露出補正は、「露出補正ダイヤル」で、カメラを構えたままダイレクトに操作ができます。
ダイヤル類は、右手でスムーズに操作できるように本体天面に配置されています。もちろん撮影モードの切り替えも簡単に行えます。

2013-04-30_15h48_54

DSC-HX50Vの特長④ 充実の拡張性

外付けのEVF(電子ビューファインダー)やステレオマイク、バッテリー、ビデオライトなどの装着を簡単に行える「マルチインターフェースシュー」と、高倍率のズーム撮影やハイビジョン動画撮影に便利なリモートコントローラーを接続できる「マルチ端子」も搭載しています。

2013-04-30_15h44_592013-04-30_15h47_24

DSC-HX50Vの特長⑤ Wi-Fiでスマートフォンへ簡単転送

DSC-HX50Vは、Wi-Fi接続機能を搭載しています。撮影した写真や動画をスマートフォンへ転送したり、スマートフォンからカメラのシャッターを切ったりすることができます。
しかも、家の中がWi-Fi環境で対応のテレビに写真や動画を転送して見ることもできます。

2013-04-30_15h53_432013-04-30_15h54_33

最後に、、、

ソニーは、光学20倍ズームレンズを搭載しながら、従来の10倍ズーム機並みの本体サイズに抑えたスリム高倍率ズームデジカメ「Cyber-shot DSC-WX300」を2013年3月中旬に発売し、コンパクトデジカメの売れ筋上位に食い込む人気を集めています。

今回登場したDSC-HX50Vも、30倍ズームながら他社の20倍ズーム機並みのサイズに収めているのが特徴。
「本体サイズはそのままに、ワンランク上のズーム性能を備える」デジカメを積極的に投入し、縮小傾向が続くコンパクトデジカメ市場での生き残りを図るもようです。

発売日が5月17日となっています。夏の旅行シーズンに間に合うようにご購入になってみてはいかがでしょうか? 電子ビューファインダーキットの併用もおすすめです!


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る