記事の詳細

ペンタックスリコーイメージングは2013年4月9日、初の高級コンパクトデジカメ「MX-1」を発表しました。
フィルムカメラに似せたクラシック調のデザインは、上下のパネルに真ちゅうを採用したのが特徴で、使い込んで塗装がはげた際の“味”も楽しめそうです。
発売日は2013年5月3日で、予想実勢価格は5万円前後。

MX-1」は、開放F値がF1.8-2.5と明るく、絞り開放からシャープな描写が得られる広角28mmからの大口径4倍ズームレンズを搭載していています。
暗い場所でも高速なシャッタースピードで撮影することができ、背景をぼかした作品づくりも楽しめますね。

 

さらに、被写体に最短1cmまで近づいて迫力ある近接撮影が可能な“1cmマクロ”モードも備えるなど、1台でさまざまな撮影シーンを楽しむこともできます。
また、光学ズームと同等の画質を維持したままで画像を拡大できる“インテリジェントズーム”機能とあわせることで、最大で約7.8倍(35ミリ判換算で約218mm)相当の高倍率ズーム撮影も可能。

PENTAX MX-1 BKの最安値

高感度、低ノイズ特性に優れ、画像信号の高速な読み出しが可能な裏面照射型のCMOSイメージセンサーを新たに採用し、最高ISO感度12800の高感度性能と有効約1200万画素の高精細画像です。

さらに、“超解像”技術を応用した画像処理機能を備え、より解像感に優れたクリアな高画質画像を実現。
また、一度に複数枚の画像を撮影、合成してぶれの少ない画像を作る“手持ち夜景”モードも採用しています。

イルミネーションなどのシーンに向いていますね。

 

MX-1の外観の特長は往年の銀塩カメラをイメージしたデザインで、上下のカバーには使いこむにつれて味わいのでる真鍮(しんちゅう)を採用し、グリップラバーにはシボ加工を施すなど全体的にクラシックな外観になっていまね。

MX-1 02

 

 

 

 

 

 

背面の液晶モニターは3型/92万ドットで、上下可動式になっています。
また、レンズリングなど随所に金属パーツを使用しており、細部にいたるまでこだわっている商品になっています。
詳しい仕様は、メーカーサイトへ!


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る