記事の詳細

2月からコンパクトデジタルカメラの新モデルがぞくぞくと順次発売し、店頭でも新モデルが目立つ場所に展示されていますね。

下のグラフは、「価格.comトレンドサーチ」で、「FUJIFILM X20」のアクセス数推移を示したものです。

X20 PV

クリックすると拡大できます。

春商戦向けの新モデル発売の影響でアクセス数が増えているのがわかりますね。

各社のコンパクトデジカメ新モデルの中で、好調なスタートを切ったのが2013年2月23日発売の富士フイルム「富士フィルム X20 ブラック」です。

売れ筋ランキングで9位、注目ランキングで2位に入っています!すごいですね。
まだ発売されて一ヶ月ほどしかたってないのに・・。

富士フィルム X20 」は、2011年10月に発売された高級コンパクトデジカメ「FUJIFILM X10」の後継機種にあたります。

 

クラシックカメラ調のデザインや手動式ズームレンズなどを継承しながら、ファインダーやオートフォーカス性能を改良したのが特徴です。

また、光学ファインダーの内部に液晶パネルを組み込み、ファインダーをのぞきながらでも、フォーカスエリアやシャッタースピード、絞り値などを確認もできます。
いちいち、モニターを見ずとも設定を確認できるのが新しいファインダーのメリットと言えるでしょう。

撮像素子には、新開発の「X-Trans CMOS IIセンサー」(2/3型、有効1200万画素)を搭載し、このセンサーの内部に位相差AFセンサーを入れ込み、オートフォーカスの精度や速度を高めています。

 

 

FUJIFILM X20 ユーザーレビューまとめ

X20 ユーザーレビュー

2013年3月6日時点で7人が本機に対するユーザーレビューを投稿していますね。
満足度は4.77で、平均の4.41を大きく上回っています。

「FUJIFILM X20」の特徴である「デザイン」については全員が満点の5.00。前面の右上に「X20」という機種名のロゴが入ったのを気にする人もいたが、「デザインが好きで買っているので満点です」、「デザインは変わらないので文句なし」と高い評価となっています

「画質」の評価も高い。「X100Sと同様に、X10から大幅にアップしています。イメージセンサーの画素数は有効1200万画素と同じですが、センサーがローパスレスの新世代のものに変わるとともに、画像処理エンジンも進化したため、はっきりとわかるレベルで変わっています」、「コンデジとしては、かなり優秀だと思いました」と満足度は高いですね。

 

 

レビューのように富士フィルム X20 は、非常に画質がきれいです。やはり、EXRプロセッサーIIの画像処理エンジンがいいでしょうかね。
メーカー情報いわく、従来比で約20%解像力を向上し、ノイズを約30%以上低減するみたいです。

 

また、AF(オートフォーカス)も抜群に早いです!なんと0.06秒の高速AF!
前からニコンのコンデジが一番早いと思っていましたが、富士フィルム X20 も負けていませんね。

これからコンデジを買われる方や、買い替えの方には富士フィルム X20 をおすすめします!
ぜひ、家電量販店で体感してみては!

 

 

いつも応援ありがとうございます!


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る