記事の詳細

ピントはAFポイントで合わせる

オートフォーカス(AF)は、撮影者が苦労せずともカメラ任せでピントを合わせられる機能です。
ピントが合うとカメラは音を鳴らして教えてくれたり、ファインダーや液晶モニター内でピントが合ったことを示すマークが点灯したりもします。

実に便利なのですが、マニュアル(手動)でピントを合わせる場合と違って、オートフォーカスでは画面内のどの位置にも自在にピントを合わせられるわけではありません。

デジタル一眼レフカメラのファインダーを覗くとわかりますが、ピントを合わせられるポイントというのは実はあらかじめ決められているのです。

オートフォーカスで自動ピント合わせができるこのポイントのことをAFポイントといいます。
AFポイント

AFポイントの呼び名は、「AFフレーム」、「フォーカスエリア」、「AFエリア」、「測距エリア」などとメーカーによって異なる。

 

多点測距で的確なピント

かつてのオートフォーカスカメラは、画面の中央にしかAFポイントを持たず、ピントも画面中央の被写体に合わせることしかできませんでした。
しかし、昨今のカメラは中央だけではなく、数多くのAFポイントを装備しているのが一般的です。

たとえば、上の図のように、たくさんのAFポイントがあります。このような仕組みことを多点測距、あるいはマルチ測距といいます。

ただ、多点測距とはいっても、すべてのAFポイントが同性能というわけではなく中央のAFポイントにのみ測距性能(ピント合わせの精度)の高いクロスセンサーを搭載しているカメラが多いようです。
クロスセンサー

 

AFモードを切り替えて使う

ほとんどのデジタル一眼レフカメラには、複数のAFモードが搭載され、撮影者が切り替えて使えるようになっています。
AFモードとは、ピントを合わせるAFポイントをどのように選ぶかを設定するメニューです。

もっとも基本的なのが、複数のAFポイントの中から撮影者が任意のAFポイントを選ぶと、そのAFポイントのみでピント合わせを行うというモードです。
このモードにはシングルやワンショットといった名前が付けられています。

オートフォーカスが威力を発揮するのは、マニュアルではピントを合わせづらい、動く被写体です。
撮影者が選んだAFポイントから被写体が外れてしまった場合、別のAFポイントに自動的に切り替える機能を持ったカメラも数多くあります。

 

AFエリアモードには、オートエリアAFモード、シングルポイントAFモード、ダイナミックAFモード、3D-トラッキングなどがあります。それぞれのAFエリアモードについて説明します。
AFエリアモード

 

 

 

 

 

◯シングルポイントAFモード
複数のフォーカスポイントの中から撮影者が選んだフォーカスポイントだけを使ってピントを合わせます。
静止している被写体の撮影に適しています。

◯ダイナミックAFモード
フォーカスポイントを選ぶのはシングルポイントAFモードと同じですが、被写体が一時的にフォーカスポイントから外れた場合に周囲のフォーカスポイントが引き続き被写体を捉えてピントを合わせ続けます。
不規則な動きをする被写体の撮影に効果的です。

◯オートエリアAFモード
カメラが、全てのフォーカスポイントから被写体を判別してピントを自動で合わせます。

◯3D-トラッキング(11点)
撮影者が選んだフォーカスポイントで被写体にピントを合わせると、シャッターボタンを半押ししている間、構図の変化に合わせて、フォーカスポイントを自動的に切り換えてピントを合わせ続けます。


\ この記事についてシェアしてみよう /



この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。


スポンサード リンク

      

関連記事

ブログタイムズ

ブログタイムズ

サイト内検索

ページ上部へ戻る