記事の詳細

2410万画素センサーと「EXPEED 3」

img01
ニコンデジタル一眼レフカメラのエントリー~ミドルクラスとなるD5200、前機種のD5100もロングセラーでしたが、その後継機として登場しました。

もともとこのクラスは基本性能は高かったのですが、やはり最新機種となると画質の面や操作性もより分かりやすく、良くなっています。

このクラスながらなんと画素数は2410万画素と、上位機種に迫るスペック。

画像処理エンジンには、35mmフルサイズセンサーを搭載する「D4」や「D800/D800E」「D600」などの上位モデルと同じ「EXPEED 3」を採用。色再現性や階調処理、ノイズ低減処理など、高い画像処理能力を持つエンジンで、有効2410万画素という高画素センサーのポテンシャルをフルに引き出すことが可能です。

感度は常用でISO100~6400に対応するほか、Hi1(ISO12800相当)、Hi2(ISO25600相当)を選択が可能です。
映像エンジンもD4やD800と同等のEXPEED 3を搭載していて高速処理が可能に。そのため、連写も5コマ/秒に上がっています。

また、撮影モードダイヤルの脇にレリーズモードボタンを配置し、レリーズモードをスムーズに切り替えられるのも見逃せないポイント。

動く被写体を連続撮影したいと思ったときに、ボタンを押すだけで設定メニューを呼び出し、すばやくモードを変更することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「D5200」は、レンズキットにおいて、ブラック、レッド、ブロンズの3色のカラーバリエーションを用意されています。

 

 

 

 

 

 

バリアングルの液晶画面も健在

img02
背面モニターに、横開き方式のバリアングル液晶モニター(約92万ドット表示の3型)を採用。開閉(左側に0~180度)と回転(上方向90度~下方向180度)の可動に対応しており、モニターを動かしながら自由な構図で写真・動画を撮影することができます。

特に、光学ファインダーや固定式モニターでは撮影することが難しいハイアングルとローアングルでの撮影時に威力を発揮。
通常の視界・視線とは異なる構図で撮影ができるので、作品作りの幅をグンと広げることができます。

 

img03
動画撮影時の音声記録がステレオに。上部にマイクを備えます。

 

img04

絞りやシャッターの変化により液晶画面の絞り羽やシャッターダイヤルのイラストが変化します。

撮影時の液晶表示も面白い。絞りによって画面の絞り羽が開いたり閉じたりして表示。

また、ホワイトバランスやISO感度を変える際など、どういうシーンに向いているかなど、イメージ写真がメニューに表示されるので、初めての方でも安心して使う事が出来ます。

 

高精度な39点オートフォーカスシステムを搭載

オートフォーカスセンサーに上位モデル「D7000」と同じ「マルチCAM 4800DX オートフォーカスセンサーモジュール」を採用。

エントリークラスとしては類を見ない39点ものフォーカスポイントを備えており、ファインダーの幅広いエリアでオートフォーカス撮影が可能となっています。

AF39

しかも、センサー中央部の9点は、高精度で被写体捕捉性能の高いクロス仕様。
エントリーモデルとしては驚異的なオートフォーカス性能です。

さらに、「D5200」は、AFエリアモードとして、39点の中からフォーカスポイントを選べる「シングルポイントAF」、9点・21点・39点のエリアを選択できる「ダイナミックAF」、被写体の動きにあわせてフォーカスポイントを切り替えながらピントを合わせ続ける「3-Dトラッキング」、39点のフォーカスポイントから主要な被写体を判別してピントを合わせる「オートエリアAF」の4モードを用意。

状況にあわせて最適なモードを選択してオートフォーカス撮影ができるようになっています。
ポイントは、独自の「2016分割RGBセンサー」のシーン認識システムとの連動によって、「3-Dトラッキング」時の被写体追尾性能と、「オートエリアAF」時の被写体判別性能が大きく向上しています。

 

それでは実際にD5200で撮影した画像をご覧ください!

img07
ある日のランチを食べる前にパチリ。ナンに塗られたバターの照りや質感などいい感じ! おいしそうですね。

 

 

img08
いい感じのボケ感じ。撮り方もありますが、標準ズームでもぼけ味を活かした撮影が可能です。

 

img10
バリアングル液晶を活かしてローアングルにて。ライブビュー切り替えはメインダイヤル付近のレバーで行います。

 

img15
ジオラマをかけると、町並みが模型のように。人気のフィルターです。

 

D5200とD3200との比較

2013-08-27_22h11_06

 

レビューまとめ

実際に使っていると、やはりニコンの一眼レフカメラとして、しっかりできていて、画素数などの面で、上位機種D7000を上回るスペック。

どうしてもデジタルカメラは、日進月歩、後から出てきた機種のほうが良くなってしまうのです。

そういったことも含めて、初めて一眼を使う方、カメラ、写真をじっくり楽しんで、色々な写真を撮っていきたいという方に自信を持っておススメできます。

長く付き合っていける、楽しみながらステップアップしていける、充実の1台ですよ。

また、今回はレンズキットの標準ズームだけでの撮影でしたか、豊富なニッコールレンズ群には、D5200にぴったりな、リーズナブルながらよく写る、交換レンズが数多くラインナップされています。

こんな写真、撮ってみたい!レンズも用途に合わせてステップアップすることによって、カメラの楽しみも広がります。

D5200はこれからのカメラライフをより充実したものにしてくれますよ。

D5200の詳しい仕様はこちらからチェックできます↓↓

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5200 ブラック D5200BK


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (4 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る