記事の詳細

世界最大規模のカメラ・映像機器の見本市「フォトキナ」で、ニコンは同エントリーモデルより15%軽くした一眼レフの新製品「D750」を発表しました。
発売日は2014年9月25日発売で、バリアングルモデルチェンジになりますね。
では、詳しい特徴を解説していきます。
d750_00

D750と上位モデルD810との比較

型式D750D810
撮影素子35.9×24.0mmサイズCMOSセンサー、ニコンFXフォーマット35.9×24.0mmサイズCMOSセンサー、ニコンFXフォーマット
ISO感度ISO100-12800ISO64-12800
連写枚数6.5コマ/秒6コマ/秒
有効画素数2432万画素3635万画素
AFポイント51点51点
モニターチルト式3.2型低温ポリシリコンTFT液晶モニター3.2型TFT液晶モニター
Wi-Fi
撮影可能コマ数約1230コマ約1200コマ
寸法(幅×高さ×奥行き)約140.5×113×78mm約146×123×81.5mm
重量840g/750g980g/880g
発売日2014年9月2014年7月

モニターがバリアングルになり、Wi-Fi機能がついてスマホとの連携が強化されました。
イメージセンサーや画像処理エンジンが同じなので画質は上位モデルと差はないと思います。

D750の主な特徴

1,バリアングル液晶モニターの搭載
2,独立した「動画撮影メニュー」
3,初心者も楽しめる多彩なスペシャルエフェクトモード
4,高精細の2432万画素で高品位な画質を実現
5,見逃さないグループエリアAF

バリアングル液晶モニター搭載

なぜか上位モデルのD810には付きませんでしたが、新製品のD750には搭載されましたね。
上向き最大約90度から下向き最大約75度までの広い範囲で、自由な角度に素早く展開できます。
d750_02

多彩なスペシャルエフェクトモード

D750に初めて搭載されたスペシャルエフェクトモード。
簡単に7種類の画像効果が楽しめます。ナイトビジョン、カラースケッチ、ミニチュア効果、セレクトカラー、シルエット、ハイキー、ローキー。
d750_03

独立した動画撮影メニュー

意外と忘れがちの動画撮影。一眼レフの動画メニューがわかりづらい欠点を見事に解消した親切設計。
液晶モニターのメニュー画面左側のタブを選ぶことですぐに呼び出せます。
d750_04

被写体を「面で捉える」グループエリアAF

AFエリアモードには、D4S、D810同様、シングルポイントAF、ダイナミックAF、3D-トラッキング、オートエリアAFに加えてグループエリアAFを搭載。
不規則な動きをする被写体を捉える場合でも、ピントが背景に合ってしまうのを防ぎ、より確実に目的の被写体を捉えてシャープにピントを合わせられます。
これは画像処理エンジンの進化と最速で捉えるAFのスピードで実現できるといってもよいでしょう。

D750の最安値をチェック!

ボディ単体で21万円前後、24-85mmVRレンズキットで26万円前後、24-120mmVRレンズキット(10月中旬予定)で28万円前後。


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る