記事の詳細

カメラ任せのオートで撮影している場合、写り具合の明るさはカメラが決めてくれます。カメラ(レンズ)が周りの明るさを測って、適正な露出になるように露出値(フィルムに光が当たる量)を自動的に調整してくれるからです。

では少し話を掘り下げて説明していきますね。

カメラの内臓露出計がはじき出した適正露出値は必ずしも適正でない!

これはどういうことかというと露出計が露出する際に基準となるものがあります。
それは「18%グレー」といもの。
被写体となるものには様々な色がありますよね。色というのは光を反射します。例えば緑色の草葉は反射率18%、新緑の鮮やかな緑は反射率24%、夏の深い青空は反射率18%といった具合です。

自然界にあるこれらの反射率を平均すると約18%の反射率を持つグレーとなるのです。ですからフレーム内におさまった被写体の反射率を18%にしようと露出計は計算します。
緑色の草葉は反射率18%ですからそのままシャッターを押しても適正な明るさになります。

しかし反射率が72%などの白い雪を画面いっぱいに撮るとかなり暗めな露出アンダーな写真になります。
それは反射率が72%もあるのに露出計は反射率18%の明るさにしようとするからその差の54%分明るさが引き算されて結果暗い写真になってしまうのです。

ここで露出補正というテクニックが必要になってくるわけです。
白い雪を画面いっぱいに撮って暗い写真になるのなら露出計がはじき出した露出値をシャッター速度や絞りを変更して意図的に露出を変更するのです。

 

人によって「ちょうどいい仕上がり」は違う

マニュアルモード以外で撮影している場合、写り具合の明るさはカメラが決めてくれます。(オート撮影)
カメラが自動的に適切な明るさだと判断して露出をすることを自動露出(AE=Auto Exposure)といいます。

ですが、その機能もいつでも正しいとは限りません。
これはカメラが単に被写体の明るさ(反射する光)を測って機械的に露出の値を判断しているだけであって、人間の目ほど高性能にはできていないからです。

また人によってはイメージしていた仕上がりにはならず、「もうちょっと明るくならないかな」、またはその逆で、 「ちょっと明るすぎるからもう少し暗くしたいなあ」という場合も出てくるかと思います。
そういうときに「露出補正」を使うことで、明るさの微調整をすることができます。

一般的な一眼レフカメラの場合、全自動モードとマニュアルモード以外の撮影設定で可能になります。

自分のイメージ通りの設定をしてみよう

試に神聖な教会の中を撮影してみました。
教会01
教会内は薄暗く、その神聖な雰囲気を作品にしたかったのですが、撮影したものを見てみると、とても明るい写真になってしまいました。(写真は絞り優先モードで撮影)
ちょっと明るすぎますよね?
一般的なカメラの適正露出機能は、暗いものは明るく、明るいものは暗く写そうとしますので、上の写真のように明るく写ってしまうわけですね。

これでは神聖な雰囲気がまるでありません、何とか暗く写したいですが、どうしたらいいでしょう・・・そこで使うのが露出補正です。

通常露出の単位は「EV」というものですが、一般的にEV値を-2~+2程度まで可変できます。
+修正は明るく、-修正で暗くします。 これは段とも呼ばれ、マイナス1のことを1段減らす、などとも言います。
補正インジゲータ
このようなインジケーターが通常は0の位置にありますが、ダイヤルやボタンなどで、プラス側やマイナス側へ設定することにより、明るさを可変できます。
設定は3分の1段単位で可変できる機種がほとんどです。一段上げると撮像素子に当たる光の量が2倍になり、一段下げると2分の1になります。

それでは、先ほどの教会の撮影に話を戻しましょう。さきほどの写真はとても明るくなってしまったので、暗くなるように(マイナス)補正します。
教会02
1段マイナス(-1EV)にして撮影、先ほどより暗くなりましたが、まだちょっと明るい感じに見えます。

教会03
2段マイナス(-2EV)にして撮影、教会内が薄暗くなり、理想の明るさに仕上がりました。

それでは、次の写真を見てみましょう!
そら01
空と夏の稲穂を撮影してみましたが、どうも暗くなりすぎてイキイキしていないような感じです。もうちょっと明るくしたいですね

そら02
1段プラス(+1EV)に補正して撮影、緑が鮮やかになり理想の明かるさに仕上がりました。

このように思っている仕上がりとは違う場合、露出補正を上手く使って理想の写真になるように設定するのが大事です。
特に被写体に明暗差が極端にある場合に、このようなことが多く発生します。

またシャッター速度優先モードや、絞り優先モードでも露出補正は可能となりますが、シャッター速度優先モードで露出補正をしてしまうと、レンズの明るさの限界などに達していた場合、なかなか明るい方(プラス側)への調整が難しい場合もあります。

絞り優先モードで露出補正を行うと、シャッター速度の速さを調整して明るさを制御してくれるので、比較的楽に撮影ができます。


\ この記事についてシェアしてみよう /



この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (1 投票, 平均点: 3.00)
読み込み中...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。


スポンサード リンク

      

関連記事

ブログタイムズ

ブログタイムズ

サイト内検索

ページ上部へ戻る