記事の詳細

皆さんは、webカメラでスカイプ(skype)やYahoo!メッセンジャー、ニコニコ生放送を利用されたことはありますか?
海外にいる友だちや家族、SNSを通じてたくさんの人とお互いの顔を見ながら会話できるのがwebカメラの最大の魅力ですよね!

しかし、webカメラといってもたくさんの種類があり価格もピンキリで迷っちゃいます、、
webカメラを購入検討されている方に、おすすめしたいのがLOGICOOL HD プロ ウェブカム C920tです。
どんな特長があるのか実際に使用レビューしていきます!
011_c920t

c920tの特徴

●Skype等でフルハイビジョン画質でテレビ電話ができる
●カールツァイス社の光学レンズを搭載
●デュアルマイク搭載でクリアな音声
●しっかり固定できるモニタークリップ
●鮮明な1500万画素(静止画)
●最高品質の20段階オートフォーカス機能を搭載

パッケージ内容

02_c920t
●ウェブカメラ本体(ケーブル長180cm)
●取扱説明書
●保証書(2年間無償保証)

c920tの外観

03_c920t04_c920t

06_c920t05_c920t
正面から見るとデュアルマイクが左右に搭載されてるのがわかりますね。また、カメラレンズの横にカールツァイスの文字が見えます。

ウェブカメラの取り付け

実際に本体をノートパソコンの上部に取り付けして、片方のUSBコネクターをパソコンのUSB端子に接続。
12_c920t
09_c920t07_c920t
ウェブカメラの本体下にモニタークリップがありますので三脚で固定すれば、いろんな角度で映像を映すことができます(下の画像参照)
11_c920t

実際に使用してみての感想

当初自分自身を映してフルハイビジョン画質を見ていただこうと思いましたが、プライパシーのことも有りますので今回はテレビ画面を写したスクリーンショットを見て参考にしていただければと思います。
100_c920t
111_c920t
動画でのオートフォーカスや高精細な画質を伝えられないのが残念ですが、上のスクリーンショットを見てもきめ細やかで鮮明に映っているのがお分かりいただけると思います。
ただ、スカイプで会話したときに若干相手の声がこもる感じがしました。聞き取れないほどではないですが、もう少しクリアに声が聞こえたらいいなぁと、、、

注意点として、付属品の中にセットアップ用CD-ROMが入っていません。
したがってロジクールのホームページからソフトウェアをダウンロードしなければなりませんのでインターネット環境がないご家庭は気をつけてください。
また、下記の仕様表の必要スペックも事前に確認しないと動画撮影の際にカクカクした映像になってしまう可能性がありますので注意してください。

c920tの仕様

 HD Pro Webcam  c920t
動画キャプチャーサイズ1920x1080
フレームレート最大30フレーム/秒
静止画キャプチャーサイズ1500万画素
画像センサー300万画素
画角77度
ワイドスクリーン
フォーカス距離7cm~∞(オートフォーカス)
フェイストラッキングシステム
ズーム デジタル4倍
ホワイトバランス自動(手動も可)
露出補正自動(手動も可)
内蔵マイクステレオ
アンチフリッカー
画質補正 Rightlight2
音質補正RightSound2
レンズカールツァイス社製
インターフェイスUSB 2.0
UVC対応
本体色ブラックのみ
本体サイズ94×71×43.3(折りたたみ時)
ケーブル長さ1.8m
重量162g
発売日2013年8月2日
保証期間2年(保証規定あり)
必要システムWindows XP(SP3以上)、Windows Vista、Windows 7またはWindows 8(32ビットまたは64ビット)
推奨スペック フルHD 1080pの動画撮影およびLogicool Vid HDでHD 720pのテレビ電話の性能を最大限に引き出すための推奨システムIntel Core 2 Duo 2.4GHz以上/メモリ:2GB以上/撮影した動画用のハードドライブ領域/USB 2.0ポート

※Mac OS非対応です。

c920tの最安値をチェック!


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る