記事の詳細

2014年3月14日に、ソニーから発売されたミラーレス一眼カメラ「α6000 ILCE-6000」が人気です。

        

価格.comの「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける注目ランキングでは、2014年3月17日に初の1位を獲得しました。
a6000 ranking
なぜそこまで人気がでたのか特長を踏まえて見ていきましょう!

α6000の特長

新開発有効約2430万画素のCMOSセンサー
世界最速0.06秒のオートフォーカス
ノイズを低減、最高ISO感度25600
新世代の画像処理エンジン「BIONZ X」
有機ELファインダーを搭載

新開発有効約2430万画素のCMOSセンサー

新開発の有効約2430万画素「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサーを搭載しており、一眼レフカメラと同等の大型センサーがついています。
2014-03-21_18h27_05

世界最速0.06秒のオートフォーカス

α6000は、179点像面位相差AFセンサーを新たに採用しているのでAFスピードが早くなりました。
2014-03-21_18h59_48
価格.comのレビューを見ますと、「とても早くすこぶる快適な印象を受けました」「思った以上にレズポンスが良くしかも解像感が高い」「AFの食いつきは(α7と比べて)かなり良いですなど高評価のコメントがついていますね。

高感度と高解像度の両立

従来機の約三倍の処理速度を実現した新世代の高速画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」と、APS-Cサイズの大型イメージセンサーで高い解像度と最高ISO感度25600という高感度性能を両立しました。
2014-03-21_22h32_46

有機ELファインダーでよりクリアに

高コントラスト、高解像度の特性を持つ有機ELに、4枚の両面非球面レンズを採用した新開発OLED Tru-Finderの搭載により、広視野角(視野角約33度)で隅々までクリアな視界を実現しています。
a6000 finder

α6000とα5000の違い

 a6000
a5000
カメラ有効画素数 約2430万画素約2010万画素
総画素数約2470万画素約2040万画素
動画撮影
1920 X 1080
AF検出方式ファストハイブリッドAFコントラスト検出方式
AF測距点数179点(位相差検出方式)/25点(コントラスト検出方式)25点(コントラスト検出方式)
ファインダー電子式ビューファインダー別売り
液晶モニター7.5cm(3.0型) ワイドTFT7.5cm(3.0型) ワイドTFT
自分撮りセルフタイマーなし●(3秒/OFF 選択可能)
バッテリー約360枚約420枚
重量(本体のみ)約285g約210g
外形・寸法約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 45.1 (奥行き)mm109.6(幅)×62.8(高さ)×35.7(奥行き) mm

旧機種のa5000と比較してみてもそこまで違いがあるわけではないです。しかし、画像処理速度やオートフォーカスのスピード、有機ELファインダーなど確実にスペックが向上しています。

α6000の最安値をチェックしてみよう

カラバリはブラックとシルバーの2色です。
商品ラインナップは以下のとおりです。

『α6000』ボディのみ ILCE-6000

『α6000』パワーズームレンズキット ILCE-6000L(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)

『α6000』ダブルズームレンズキット ILCE-6000Y(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS+E 55-210mm F4.5-6.3 OSS)


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (5 投票, 平均点: 4.60)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る