記事の詳細

ISO感度とは

ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。
もともとISO感度はフィルムの感度の規格でしたが、デジタルカメラの感度にも使われています。

光の当たり具合を調整するのに、シャッター速度が重要ですが、ISO感度を調整することで早いシャッター速度でも十分に露出させることができます。
簡単に説明すると、感度を上げることによって暗い場所でも明るく、手振れが少なく撮影できます。

ISO感度は数値化されていて、ISO100、ISO400というように数字で表現されます。
一般的にISO100程度が最も低感度で200・400・800・・・・と上がっていきます。

数値が大きいほど高感度に撮影でき、最近の新機種ではISO25600という超高感度で撮影できるカメラも登場しています。

ISO感度イメージ

 

ISO感度の上げすぎは禁物

ISO感度は上げれば上げるほどノイズが多くなり画質が悪くなるという副作用があるため、画質にこだわる場合には上げすぎは禁物です。

これは高性能なカメラほど上げても悪くなりにくいようになっていますが、一般的なコンパクトデジカメでISO400以上、 デジタル一眼レフでも800まで上げると、少しずつ画質が悪くなってきます。(機種によって異なります)

夜間の撮影などでどうしても手振れが気になる・・・と言う場合はISO1600くらいで撮影すれば、 許容範囲の画質で撮ることもできます。

三脚などを使えば、ISO感度を下げて、シャッター速度をゆっくりにして高画質撮影も可能です。

 

常用ISO感度と拡張ISO感度の違い

カメラによっては常用ISO感度(オートISO感度範囲)と拡張ISO感度というものがあります。
各カメラメーカーがある一定の基準以上の画質が期待できるISO感度の範囲が常用ISO、更にISO感度を上げることができるが、普段はあまり使わないレベルのものは拡張ISO感度という認識になっています。

常用ISO感度の範囲で使えば画質が著しく悪くなることはない・・・ということです。

 

全自動モードはISO感度もカメラが決めてくれる

難しいISO感度ですが、全自動モードであればISO感度は周りの明るさやモードに応じてカメラが自動的に決めてくれますので、 初心者でも安心です。

ISO感度を手動で攻めるなら、まずは小さいほうから撮影していき、手振れが気にならない程度まで上げていくのが上手に撮影するコツです。


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (1 投票, 平均点: 2.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る