記事の詳細

ソニーはドイツ・ベルリンにて開催される世界最大級のコンシューマー・エレクトロニクスショー「IFA 2013」に先駆けて行われたプレスカンファレンスで、デジタルカメラ「サイバーショット」の新モデルとなる、スマートフォンに装着可能な「DSC-QX100」「DSC-QX10」の2機種を発表しました。
ifa2013

いずれも、独自のレンズ形状を採用した小型デジタルカメラで、液晶モニターは非搭載。
「Xperia Z1」などのスマートフォンにアタッチメントで装着し、スマートフォンの液晶画面をファインダーとして利用することで、通常のデジタルカメラのような撮影が出来ます。
また、Wi-FiとNFCを内蔵しており、スマートフォンとの接続はWi-Fiを利用。カメラとスマートフォンを離して、ローアングルやハイアングルのほか、自分撮りなどの撮影も簡単。

スマートフォンから操作は、専用アプリの「PlayMemories Mobile」を利用します。
撮影モードの切り替えやカメラ情報の表示、タッチAFやマニュアル撮影などを操作することができます。撮影した写真は、スマートフォン経由でSNSなどにアップロードしたり、クラウドに自動保存することも可能です。

 

光学3.6倍ズームの上位モデル「DSC-QX100」

DSC-QX100 01     DSC-QX100 02

DSC-QX100のほうは、ソニー独自のCMOS画像センサー「Exmor R(エクスモア・アール)」と3.6倍の光学ズームを搭載した、20メガピクセルの広角レンズです。

また、光学式手ブレ補正を搭載。動画撮影は、1440×1080(30p)のMP4記録に対応。操作性では、ズームレバーとコントロールリング操作が可能。
記録メディアは、microSD/microSDHC/microSDXCカード、メモリースティック マイクロに対応する。

本体サイズは62.25(幅)×62.5(高さ)×55.5(奥行)mm。重量は約179g。

 

光学10倍ズームの高倍率モデル「DSC-QX10」

DSC-QX10 01

高倍率モデル「DSC-QX10」は、撮像素子に有効1820万画素の1/2.3型“Exmor R”CMOSセンサーを搭載。
レンズは「ソニーGレンズ」で、光学10倍ズーム(35mm判換算で25~250mm相当)に対応しています。

解放F値はF3.3~F5.9。同社の高倍率デジタルカメラ「DSC-WX100」と同等のレンズ、センサーとなっているもようです。

また、光学式手ブレ補正を搭載。動画撮影は、1440×1080(30p)のMP4記録に対応。操作性では、ズームレバー操作が可能だ。記録メディアは、microSD/microSDHC/microSDXCカード、メモリースティック マイクロに対応する。

本体サイズは62.4(幅)×61.8(高さ)×33.3(奥行)mm。重量は約105g。

 

動画での使用イメージはこんな感じ


 

まとめ

価格はQX100が約62,000円、QX10が約28,000円で、どちらも手ごろな値段とはいえないですね。
画質が、高品質のソニーのコンパクトカメラや同社のデジタル一眼である「NEX」カメラと同じになるとしても高いです。

ただ、片方の手でレンズを持ち、もう一方の手で携帯電話を持って、リモートヴューファインダーのように使用することができることは便利だと思います


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (3 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る