記事の詳細

カシオが2013年8月23日に、「ハイスピードエクシリム」から、5軸・5段の手ブレ補正を備えた光学18倍ズームモデル「EX-ZR800」を発売すると発表しました。
この機種は3月に発売されたEX-ZR700の後継機となります。

大きく変わった点は2つです。手ぶれ補正タイムラプスです。
では、詳しく説明していきます。

 

特長① 5軸・5段 HS手ブレ補正

EX-ZR700の手ぶれ補正方式は、上下回転補正と左右回転補正を光学式で行い、これに最大9枚の高速連写合成を組み合わせることで、5段分の手ぶれ補正効果を実現していました。

これに対し、EX-ZR800の手ぶれ補正方式は、上下回転補正と左右回転補正を光学式に行うのは同じですが、これに加えて上下補正、左右補正、回転軸補正を電子式に行います。
最大9枚の高速連写合成も搭載されていますので、これらによって5段分の手ぶれ補正効果となります。

<イメージ図>
2013-08-19_15h36_17
光学18倍ズームに最大シャッタースピード5段分相当の手ブレ補正はそのまま、さらに手ブレ補正を5軸補正とすることで「手ブレゼロを徹底追求」したそうです。

 

特長② タイムラプス機能

今回、新たにタイムラプスという機能を搭載しました。これは、面白い機能ですね。
公式ホームページで動画がありましたので、そちらを載せてみました。
<タイムラプスモード>

雲の動きや、料理を作る流れを一定の間隔を置いて撮影した静止画をコマ送りすることでできる動画機能なんです。

撮影間隔と撮影時間は「夕暮れ」(10秒間隔、トータル30分撮影)や「乗り物」(1/10秒間隔、トータル3分)などの11種類のシーンプリセットの他、撮影間隔1/10~30秒、撮影時間3分~60分のマニュアル設定も可能です。
撮影時間を設定しないことで、バッテリーやファイルサイズの上限である4GBまでの撮影もできます。

余談ですが、iphoneでもタイムラプスで撮影できるアプリがあるんです。
それは、「TimeLapse」というアプリです。

 

実際に、iphone5で撮影したタイムラプス映像を紹介します。
こちらから見れます→ホテルグランドアーク半蔵門
どうでしたか?夕日の移動する様子がとてもきれいですよね!

EX-ZR800でも、このような動画が撮影できるので撮影が楽しくなりますね。

 

EX-ZR800とZR-700、ZR1000の比較

2013-08-19_16h33_36

EX-ZR800の主な特徴は、、

25-450mm相当の光学18倍ズームレンズを搭載。開放F値はF3.5-5.9。
•イメージセンサーは有効1610万画素1/2.3型CMOS。センサーはEX-ZR1000やEX-ZR700と同じです。
•起動時間はEX-ZR1000の0.99秒から1.4秒へと長くなったものの、レリーズタイムラグ0.016秒、撮影間隔0.26秒は踏襲。
•液晶パネルはカシオ初の3型92万ドットのものを搭載。固定式。

EX-ZR800の店頭実売価格は3万円強となっているようです。
今年の3月に発売となったEX-ZR700とほぼ同じ価格帯でのスタートになりますね。

ちなみに、現時点のEX-ZR700の店頭価格は2万3千円前後となっていますので、選択に悩むところかもしれませんね。
個人的には、手ぶれ補正の強化やタイムプラス動画などは、後からパソコン上で編集・加工というわけにもいきませんので、予算に余裕があればZR800をお勧めします。

 

EX-ZR800の楽天最安値はここだ!


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (3 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る