記事の詳細

F値とは

F値とは、絞りの開き具合(光の取り込む穴の大きさ)を数値化したものです。
絞り値ともいいます。

絞りはレンズによってその開き具合を調整することができますが、どれくらい絞っているのかをわかり易く
把握するためにF値が使われます。

数字が大きいほど光の通る穴は小さくなる

F値は数値が大きいほど絞り込む(光の通る穴が小さく)状態となります。
数値が小さいほど絞りを開放する状態となります。
F値が小さいとたくさんの光を取り込めるため、速いシャッター速度で撮影ができます。また背景のボケ方も強くなります。

逆に絞り込んでいくと穴が小さくなるので、シャッター速度を遅くしなくてはいけませんが、全体的にシャープな写真に仕上がります。

F値01

F値1.4で撮影 背景がよくボケています。
F値02

F値16で撮影 全体的にピントが合ってシャープに仕上がっています。

F値を操作することで、被写体だけをキリっと写すこともできますし、全体的にピントが合った図にすることもできます。

レンズの良し悪しは開放F値

開放F値とは、そのレンズで絞りを目いっぱい開いた状態の明るさのことをいいます。

一般的にはそのレンズの明るさを示す指標にも使われていて、レンズ本体やカタログなどにも記載されているF値というのも、この開放F値が記載されています。

例えばレンズに以下のように記載されていたとします。

AF 18-200mm F3.5-6.3

このレンズは18~200mmで焦点距離が可変できるズームレンズですが、F値が3.5~6.3と記載されています。つまり広角側では3.5が開放F値となり、望遠側ではF6.3が開放F値となります。

これだけの要素ではありませんが、一般的に開放F値が小さい(明るいレンズ)ほど値段の高いレンズ(良いレンズ)となる傾向があるので、開放F値がF2.8以下のレンズだと、明るい良いレンズだと言われています。

ただし、良いレンズ(価格の高いレンズ)は、開放で撮影しても画質が低下しにくくなっています。

開放F値が小さく(明るく)、さらに開放側で撮影しても高画質なレンズは良いレンズということになりますね。


\ この記事についてシェアしてみよう /



この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (1 投票, 平均点: 4.00)
読み込み中...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。


スポンサード リンク

      

関連記事

ブログタイムズ

ブログタイムズ

サイト内検索

ページ上部へ戻る