記事の詳細

ニコンは、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S」シリーズで初めてバリアングル液晶モニタを搭載した「COOLPIX S6600」を、8月29日に発売すると発表しました。
型番からもわかるように、S6600は2月に発売されたCOOLPIX S6500の後継機となります。

16メガ画素の1/2.3型CMOSセンサーや35mm換算25-300mm相当の12倍ズームレンズを搭載したコンパクトタイプのデジカメですが、新たに液晶がバリアングル化されたのがポイントとなります。

今までもCOOLPIX P7700などにはバリアングル液晶が搭載されていましたが、コンパクトタイプのSシリーズでは、S6600が初となります。
では、もう少し詳しくS6600の仕様や特長を解説していきます。

 

特長①自由なアングルで撮れる可動式「バリアングル液晶モニター」

モニターの向きや角度を調整して、いろいろなアングルでの撮影を楽しめます。
例えば自分撮り、子どもの目線で、友人とのツーショットなど無理のない姿勢でより快適に撮影できます。
ペットを撮影するときも、ローアングルで簡単に撮れるのでひと味違った写真が楽しめます。
また、モニターを開いて自分の方に向けて、表示されるアイコンに向かって手を動かすだけで、離れた場所から撮影できる「ジェスチャー操作」という機能を搭載されています。

<撮影イメージ>
s6600 01
s6600 02s6600 03

 

特長②写真に個性をプラスする画像加工 「クイックエフェクト」

撮影した写真をモニター内でカンタンに加工できます。全画像効果のサムネイルを表示するので、より直感的にわかりやすく加工を楽しめます。

<クイックエフェクトができる画像加工の一部>
2013-08-11_15h42_17

 

<撮影イメージ>
※ミニチュア効果               ※魚眼効果
s6600 05s6600 06

 

特長③暗い場所でもキレイに撮れる!「夜撮りキレイテクノロジー」

ニコンのコンデジは、以前から「夜景に強い」とか、「ノイズが少ない」など暗い環境での撮影が得意と言われてきました。
s6600も「EXPEED C2」の画像処理システムによる高感度時に発生しやすいノイズを低減しています。

手振れに関しても、一眼レフカメラ用交換レンズのブレ補正技術を応用していますのでキレイな写真が撮れます。
s6600 07
上の撮影のように光の少ない暗い場所で起こりがちなノイズを抑え、クリアな写真を撮影できます。
夏の花火撮影や夜景シーズンに力を発揮してくれます。

 

S6500とS6600の比較・違い

COOLPIX S6500とは、次の点で異なっています。
•イメージセンサーは有効1602万画素1/2.3型CMOSセンサーで同じ。
•レンズの焦点距離は25-300mmで同じですが、F3.1-6.5からF3.3-6.3へと若干仕様が変わっています。
•液晶モニターは2軸方式のバリアングル化されたため、反転させての自分撮りも可能です。
•液晶パネルは同じ46万ドットですが、3型から2.7型へと小型化されています。
•前機種同様にWi-Fiを内蔵。
•連写性能は、10コマ/秒と同じ。
•動画性能は、フルHD30fpsから60iへと強化されています。
•ボディサイズは、95.4×58.3×26.3mmから96.9×57.1×27.2mmと、ほぼ同等。
•重さは12g重くなったが、ほぼ同じ。

 

COOLPIX S6600の最安値をチェック!

カラーは全部で4色。
ナチュラルホワイトシルキーピンク、スマートブラック、ラズベリーレッド。

 

まとめ

COOLPIX S6500発売開始時点の実売価格は2万3千円前後でしたが、S6600では機能・仕様アップに伴い店頭価格は3万円弱となっているようです。
S6500の価格と比較すると約倍の差となっていますので、やはりバリアングル液晶をどう評価(必要か不必要)するかによって選択は分かれてくると思います。


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (13 投票, 平均点: 3.38)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る