記事の詳細

パナソニックが、可動式LVFとボディ内手ブレ補正を採用した新型マイクロフォーサーズ機「LUMIX DMC-GX7」を正式に発表しました。
DMC-GX7は、本格的に写真を楽しむユーザーに向けて開発されたそうです。
マイクロフォーサーズシステムの特長である小型・軽量ボディでノイズの少ない高精細な静止画・動画撮影が可能な一眼カメラですね。

では、どのような特徴があるのか新しい機能を解説していきます。

 

新開発16M Live MOSセンサー&ヴィーナスエンジン

GX7は、新たに解像度と感度を両立、向上させた新しい16MデジタルLive MOSセンサー搭載されています。
ダイナミックレンジが広くなり、高ISO感度でも低ノイズの画像を生み出すという仕組みです。

なにより手ブレ補正機構が、ボディに内蔵されたことで、オールドレンズを装着した際にも、手ブレを抑えることができるのです。
また、「ヴィーナスエンジン」がノイズを抑えて描き出すことで白トビ・黒つぶれの少ない写真が撮れます。

 

タッチパネル搭載フリーアングルモニター

バリアングルモニターは、最近の一眼レフにはすでに採用されていますね。
DMC-GX7 01DMC-GX7
ファインダーに眼を近づけると、アイセンサーが働き、モニター表示からファインダー表示に自動的に切り換わります。
また同時に、モニターが自動で消灯するため、撮影に集中することができます。

さらに、モニターで表示している設定画面がファインダーにも反映されるので、快適に操作でき、直感的な撮影が可能です。

上方向に45度、下方向に80度の範囲で自由に動かすことができ、約104万ドット 可動式タッチパネルモニターは、静電容量方式のため高解像で屋外視認性も向上しています。

 

クリエイティブコントロール

GX7はクリエイティブコントロールという機能がついています。
簡単に説明すると、「撮影時に、好みの色調に合わせた表現が楽しめる機能」なんです。

最近のデジカメを使ってる方ならご存知だとおもいますが、言葉では表現に限界がありますのでメーカーのサンプル画像をご覧ください。
選べる効果は全19種類です。以下のとおりです。番号の順番になっています。
2013-08-04_14h50_05

2013-08-04_14h54_55
個人的には、19番目の光が差し込むような雰囲気を作りだす「サンシャイン」がいいですね!

 

上記以外の主な特徴

●白トビや黒つぶれをコントロールできる「ハイライトシャドウ」
●シャッター音やフラッシュ発光などを一括で禁止できる「サイレントモード」
●フォトスタイルでもモノクロ表現ができる「モノクロフィルター」(Ye/Or/R/G)
●高画質写真をかんたんに転送できる「Wi-Fi®& NFC」搭載
●モニターにタッチで露出あわせ「タッチAE」搭載
●設定/操作を教えてくれて、意図通りの一眼写真をカンタンに撮影できる「シーンガイド」
●表現したいイメージを22種類の効果から選べる 「クリエイティブコントロール」
●パノラマ撮影時でもフィルター効果「クリエイティブパノラマ」
●設定した時間おきにシャッターを切り、動画も作成できる 「インターバル撮影」
●撮影した写真を合成してストップモーション動画が作成できる 「コマ撮りアニメ」
●撮影後の静止画と動画のデータ管理に便利な「PHOTOfunSTUDIO 9.2PE」付属
(メーカーHPより抜粋)

 

DMC-GX7とDMC-GX1の比較

つぎに、今回のGX7と旧機種であるGX1との比較をしてみましょう。
DMC-GX7の特徴は、単にDMC-GX1の後継機というよりは、パナソニック・ミラーレスカメラの結晶と言えます。
たとえば、ボディ内に手ぶれ補正方式を搭載したのは、Gシリーズ初となります。

静止画のみでの対応であることや100mm相当程度までという制限はありますが、今までレンズ内で対応してきた手振れ補正方式をボディ内にも搭載したのは、おそらくパナソニックが初ではないかと思います。

手ぶれ補正方式は、ボディ内とレンズ内とでどちらも一長一短があります。とはいえ、両方に対応している点は最強ですね!
 

DMC-GX7の評価・くちこみと最安値をチェック!

DMC-GX7の評価・くちこみはこちら


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (8 投票, 平均点: 3.75)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る