記事の詳細

パナソニックが超高倍率ズームレンズを備えたレンズ一体型デジタルカメラ“LUMIX”「DMC-FZ70」を8月22日より販売開始すると発表しました。
高倍率ズームカメラはパナソニックをはじめ、ソニー、オリンパス、キャノンなどのメーカーが1アイテムほどで出ていますね。

今回パナソニックが発表したDMC-FZ70は、FZ48の後継機になります。
では、なにが変わったのか解説していきます。

 

「世界初」の光学60倍ズームレンズ

世界初といっても、パナソニックの今まで発売されてデジカメの中で「世界初」という意味です。
ズーム時に6群のレンズが同時に動く「6群全可動レンズ」によって60倍という高倍率と約130.2(幅)×97(高さ)×118.2(奥行き)ミリの小型化を両立。
マクロモード時には1センチまでの接近が可能となっています。

しかも別売のテレコンバージョンレンズ「DMW-LT55」をレンズアダプタ「DMW-LA8」を介して取り付ければ、デジタルズームとの併用で10,200mmの撮影もできます。
もちろん1cmまで被写体に寄ったマイロ撮影も可能です。
DMC-FZ70 0202   DMC-FZ70 0101
(左)通常時 (右)別売テレコンバージョンレンズ「DMW-LT55」装着時

<望遠1200mm時の撮影>
DMC-FZ70 03

 

光学式手ブレ補正POWER O.I.S.内蔵

とくにズームをすればするほど手振れがはげしくなります。
DMC-FZ70は、光学式手ブレ補正機能であるPOWER O.I.S.を搭載しているので光学60倍ズーム使用時においても、手持ちでもよりブレにくい撮影をすることが可能となりました。

また、動画撮影時にはアクティブモードにより、歩き撮りの手ブレを抑えて撮影できます。

 

ウインドシールドズームマイク

新開発の「ウインドシールドズームマイク」を搭載しました。
マイク部に入ってきた風を直接マイクに当てずに受け流していく通風構造により、風の強い中での撮影で気になっていた風ノイズを低減させます。あわせて高感度マイクを採用し、よりクリアな音声での記録が可能になりました。
2013-07-27_13h22_16
風ノイズを従来機「FZ200」と比べ約70%抑圧しているみたいです。
好感度マイクの併用で、SN比も従来機から1.8倍に向上。ズームレバーに連動し、ステレオ(ワイド)から、ズーム(モノラル)の集音に対応しています。

 

ネット最安値をチェック!


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (5 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

ブログタイムズ

ブログタイムズ
ページ上部へ戻る