記事の詳細

ついに発表されました!
ソニーは、デジタル一眼レフカメラ“α”の新モデルとして“α58(SLT-A58)”を8月9日より発売することを発表しました。
だいぶ前から噂されていましたが、どこがどう変わったのか特徴を大きく3つに分けて解説していきます。

 

有機ELファインダー

まずα58(SLT-A58)の特徴は、新しく搭載された有機ELファインダーです。
正式名称は「OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」といいます。
a58 01
約144万ドット相当の圧倒的な解像度と忠実な黒を再現する高いコントラストで、被写体の細部に至るまでファインダー上に再現します。

また、動く被写体を追っても残像ブレを感じさせない応答性能や、視野率100%、ハイアイポイント約26.5mmなどフレーミングのしやすさが向上してます。
画像の中央部分を拡大して記録する「スマートズーム」も撮影範囲をファインダー内に全画面表示。
大きくズームアップしても、被写体のすみずみまでボケ具合や明るさなどの設定を、ファインダー上でより正確に確認することができます。

 

高解像度CMOSセンサー&進化した画像処理エンジン

APS-Cサイズ(23.2×15.4mm)/有効2,010万画素の新開発Exmor APS HD CMOSセンサーを搭載する、Aマウントの一眼レフデジタルカメラで初!
最上位機「α99」にも搭載されているエリア分割ノイズリダクション搭載の画像処理エンジン・BIONZを採用しています。
<イメージ図>
a58 02
感度はISO 100~16000(動画はISO 100~3200相当)で暗い環境やこれからの花火シーンで大活躍してくれますね。
そのほか11種類15バリエーションの「ピクチャーエフェクト」や、6種類の「クリエイティブスタイル」、画質を落とさずさらに2倍のデジタルズームを行う「超解像ズーム」なども引き続き搭載しています。

 

オートフォーカスでの新機能「ロックオンAF」

従来は固定のAFでしたが、α58(SLT-A58)からは狙った被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」機能を搭載しています。
いまのデジカメには当たり前の機能なんですが、一眼にも採用されたようです。
AFの測距点は15点(3点クロス)。静止画撮影用の新機能「ロックオンAF」は、被写体のサイズを認識することで、従来の追尾AFよりも合焦率を大幅に向上。
<イメージ図>
a58 03

 

ネット最安値をチェックしよう!

・SLT-A58Y(Wズームキット)

・SLT-A58M(高倍率ズームキット)

これに合わせて、既発売モデル「α65」のレンズキットも8月9日より新レンズに変更して発売。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は、新標準ズームレンズの「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM II」を同梱したズームレンズキット「SLT-A65VL」が80,000円前後、同レンズに「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」を加えたダブルズームレンズキット「SLT-A65VX」が95,000円前後。(記事公開時点)


この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (6 投票, 平均点: 4.17)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。

最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しましょう!

ランキング参加中です

⇒人気ブログランキングへ
⇒ブログランキング ブログ村
⇒【トレミー】写真・カメラブログ

スポンサード リンク

     

関連記事

サイト内検索

カテゴリー

アクセスランキングTOP10

ブログタイムズ

ブログタイムズ

過去の記事を読む

  1. sb-ro20a_00
  2. カメラアイテム top 02
  3. hi_xf11
  4. conecc
  5. camera_acc
ページ上部へ戻る