記事の詳細

ソニーらしいカメラ機能

NTTドコモの2013年夏モデルであるソニーモバイルコ製Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)搭載スマートフォン「Xperia A SO-04E」(以下、Xperia A)は、
1.5GHzクアッドコアCPUや2GBメモリー(RAM)を搭載しており、マルチタスク処理もサクサクとこなすパフォーマンスを持ちます。

さらに、NTTドコモの「Xperiaシリーズ」として初となる大容量32GBストレージ(ROM)を搭載することで、microSDカードがなくても放送局サービス「NOTTV」の録画や、写真・動画をたくさん撮りためることができます。
NOTTVとは
Xperia Aのメインカメラは有効画素数約1310万画素のCMOSイメージセンサー“Exmor RS for mobile”、フロントカメラは有効画素数約31万画素のCMOSイメージセンサーを搭載しています。

カメラアプリは、操作もわかりやすく静止画・動画のモードを切り替える必要がなく、画面に表示される静止画・動画それぞれのボタンを押すことですぐに撮影か可能です。

Xperia A SO-04E022013-06-18_11h50_25
カメラのアイコンが描かれているボタンが、シャッターボタンにもなるカメラキーですね。シンプルです。

スマートフォンで撮影する際、まず画面のロックを解除してカメラアイコンを探してカメラを起動して…と意外に手間がかかります。カメラキーはこれらの手間をワンボタンで解決してくれます。

画面が消えた状態(スリープ)でカメラキーを長押しすると撮影モードになります。デジカメの電源ボタンのような感覚ですね。

ただし、ボタンが細くて小さいせいなのか、しっかり押すにはコツがいるため慣れないうちは押し込んだときに多少ブレてしまうため手ブレの原因になりそうですね。

 

Xperia A SO-04E04Xperia A SO-04E05
カメラキーでのピント合わせの他に、タッチでピント合わせもできる「タッチフォーカス」があります。
撮影モードは「プレミアムおまかせオート」がおすすめ!風景や夕景、逆光そしてマクロなど自動でシーンを判別し、綺麗な写真が撮影できるよう機能がついています。

 

Xperia A SO-04E06

その他、色合いなどを印象的に変更できる「ピクチャーエフェクト」が搭載されており、ミニチュア効果や魚眼レンズ効果などを使ったひと味違った写真撮影もできます
ピクチャーエフェクトを選ぶとサムネイル画像にリアルタイムで効果が反映されるためわかりやすいのもGooD!

 

プチレビューのまとめ

ディスプレイサイズが4.6インチということもあり、片手でもだいたいの操作ができます。
個人的にソニーのミラーレス一眼カメラ「NEXシリーズ」のような色合いやシャープネスの調整機能や、コンパクトデジタルカメラ「Cyber-shotシリーズ」に搭載されている動画撮影用のアクティブ手ブレ補正など、他社にない魅力的な機能をスマホに搭載してほしいなぁと感じました。

ボディカラーはホワイト、ブラック、ピンク、ミントが用意されています。他のスマートフォンではあまり見かけない個性豊かなミントは、ある意味Xperiaらしくもあり、一目惚れしてしまう人も居るのではないでしょうか。


\ この記事についてシェアしてみよう /



この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。


スポンサード リンク

      

関連記事

ブログタイムズ

ブログタイムズ

サイト内検索

ページ上部へ戻る