記事の詳細

一眼レフカメラがより使い易く手軽にはなりましたが、やはり元は精密機械・・・ 中にはデリケートな部分もあり、それなりに大切に扱う必要があります。

ここでは一眼レフ(デジカメ)のお手入れや保管に役立つ必須アイテムをご紹介したいと思います。

お手入れ01

 

ブロアーは必須アイテム

ブロアーはカメラ本体やレンズ表面についたホコリや砂を吹き飛ばす時に使います。

ホコリや砂が付着したまま布やクロスで拭けば、そのままキズになってしまうので、普段からブロアーで異物を吹き飛ばしてからふき取るようにするのが機器を傷めないようにするコツです。

普段家で使うお手入れ用の大きいものと、撮影に出かけるとき携帯できる小さいものを2つ準備しておくのがベストです。
シリコンブロア−

 

クリーニングクロスは専用のものを

レンズ表面をティッシュや服の袖で拭くのは厳禁です。

一眼レフを拭いたりする際、ボディ本体ならともかくレンズや液晶画面はとてもデリケートですので、専用のクリーニングクロスを準備しましょう。
最近では繊維メーカーと家電グッズ販売メーカーがタイアップして発売しているものも多く、価格は500円から2000円くらいのものがよく出回っています。

 

砂やホコリが付いたままのものをレンズに使うとレンズにキズをつけてしまうので、レンズ用と本体用と2つ用意するのがベストです。
デジタルカメラ専用クリーニングクロス

 

防湿・防塵対策にはドライボックスを

意外に知られていない防湿ボックスの存在。通称ドライボックスといいます。

カメラを棚やタンスの中に入れて保管している方も多いようですが、夏の湿気などからレンズをカビにやられてしまうケースも多々ありますので、防湿ケースは必ず準備してほしいアイテムのひとつです。

また、乾燥剤も忘れずに入れときましょう!
 ハクバ ドライボックスNEO 15Lスモーク

大切なカメラを長く使うのは、日々のメンテナンスが大事です。めんどくさがらず愛着を持って扱いましょう!


\ この記事についてシェアしてみよう /



この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
12345 (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので投票お願いします。


スポンサード リンク

      

関連記事

ブログタイムズ

ブログタイムズ

サイト内検索

ページ上部へ戻る